スリップ防止のタイヤ|燃費をおさえる|タイヤの種類によって燃費は変わる
ミニチュアの車

燃費をおさえる|タイヤの種類によって燃費は変わる

スリップ防止のタイヤ

前輪

氷を踏めば滑るのは、厳密に言えば氷で滑っているわけではありません。滑る理由は氷から出た水であり、水膜を踏むことによって滑ってしまうのです。タイヤのスリップも同じくこれが原因であり、雨や雪の日にスリップしてしまうのはタイヤが水の上を滑ってしまうからなのです。これをハイドロプレーニング現象といいます。対策方法としては、チェーンタイヤやスタッドをつけたタイヤで走ることなのですが、これらの車は接地面を削ってしまうので、周辺にゴミが舞い散りやすくなってしまいます。
そこで登場したのが、スタッドレスタイヤです。スタッドレスタイヤならば名前の通りスタッド(鋲)がいらないため、地面を傷つけること無く走れます。スタッドレスタイヤは、ゴムの素材から違い、柔らかいゴムを使っている他水をかき出す形状の溝をしているため、ハイドロプレーニング現象が発生しにくくなっているのです。
スタッドレスタイヤは日本のみではなく、世界各国で販売されています。しかし、日本でスタッドレスタイヤを使用するときは、外国製よりも日本製のタイヤを使用しましょう。その理由は、雪質の違いです。日本の雪と海外の雪では質が若干違い、日本の雪は溶けて水になりやすくなっています。そのため、日本製のスタッドレスタイヤは水のかき出しに力を入れており、海外のものに比べてスリップのリスクが少なくなっているのです。もちろん、逆に海外では海外のタイヤを使うことが推奨されているため、環境によって交換する必要があるのです。